【信長の野望 大志】シナリオ夢幻の如くの伊達政宗の序盤の進め方

2018-01-13

騎馬鉄砲隊を使ってみたかったので伊達政宗での序盤の進め方について書いてみようと思います

難易度上級、チュートリアルなし以外の設定はデフォルト通りです

父親の輝宗でのスタートになりますが、イベントで輝宗が隠居し政宗が後を引き継げるのでそれを利用して進めます

スポンサーリンク

最初は輝宗でのスタートなのでやろうと思えば隠居コマンドから政宗を後継者にして「領地保全」を引き継がせる事も可能です

やりませんが・・・

昇り竜(のぼりりゅう)

昇り竜の志特性は奥州王買米制です

奥州王

  • 竜騎兵:軍馬と鉄砲の両方を装備でき部隊の攻撃力が上がる
  • 国際交易:港のある商圏の金銭収入が増える
  • 伊達者:足軽の募兵速度が上がる
  • 驕慢:交渉が不利になる

国際交易が解放される条件は「商業港のある商圏の生産を750以上にする」で、伊達者が解放される条件は「金銭収入を2500以上にする」です

買米制

  • 新田開発:開墾の効果が上がる
  • 治水事業:災害の被害が減る
  • 廻米:兵糧の購入時の価格が下がり売却時の価格が上がる
  • 国家主導経済:開墾以外の金銭を消費する農作業費用が増える

治水事業が解放される条件は「農地8000以上の拠点を3個所持する」で、廻米が解放される条件は「兵糧収入を30000以上にする」です

内政指針

農業と商業について伊達家の大まかな特徴とどんなことを優先するかを以下に書き記しました

農業

志特性の影響もあって開墾が得意です

農地が広く、流民も多い利府城と米沢城を中心に開墾を行っていきます

ただしがっつり治水が下がるので灌漑は怠らない事。

灌漑の効果がアップする方策も覚えやすい位置にあるのでなるべく早めにとっておきたいです

商業

特殊商圏の松島商圏を押さえているのが収入としては大きいです

滞りなく進めるためには松島商圏を独占しておきたいので米を売ってでも資金を調達して独占します

序盤の進め方

政宗にバトンタッチするのは本能寺の変が起きるのと同じタイミングです

そのあとはずっと戦が続くため農兵では勝ち続けるのが難しい事もあり、まずは米沢城だけでも全兵を足軽に変更しておきます

そのための資金を作るために米を売って松島商圏を独占できるだけの金額(9000)を作っておきます

その後も金に余裕ができ次第、桑折西山城と亘理城で足軽に変更していきます

利府城の流民は開墾専用とし、余裕が出てきてから順次足軽に変更です

6月になり、政宗が後継になったあとは言行録が発生するので以下のように進めていきます

  1. 独眼竜起つ
  2. 小手森城撫で斬り
  3. 人取橋の戦い
  4. 大崎合戦
  5. 弟よ!

小手森城撫で斬り

まずは言行録通り大内家の小手森城

米沢から600ずつ2部隊、そして桑折西山と亘理城から部隊を出せば敵は2部隊しかいないので余裕で勝てます

小手森城を制圧したら次は二本松城へ

ただ今度は蘆名家が二本松家に味方するのでここは利府城も含めた全戦力をもって二本松城に攻め込みます

6部隊ほど用意して挟撃できるように部隊を展開すればここもさくっといけます

人取橋の戦い

二本松城を落とすとイベントが発生し、続けて言行録「人取橋の戦い」が発生します

佐竹義重が25000以上の大軍で本宮に攻め込んでくるのを迎え撃つことになるのですが、どう足掻いても勝てないです

しかし負けてもイベントが進むので兵数100・兵科なしで突っ込んでとっとと負けてしまいましょう

その後はかなりむしり取られますが、佐竹とやりあうには遠すぎるので終わったら講和を忘れずに

※1月アップデートにより負けても兵糧5000を譲渡するだけで講和できるようになりました

また今後に向けて二本松城と小手森城で募兵をしておきます

だいたい800~1000くらい揃えておきます

大崎合戦

人取橋の戦いが終わり最上家との同盟が終わると今度は言行録「大崎合戦」が始まります

ここはガチ勝負ができる相手ですが、大崎合戦が終わるとすぐ次の言行録が発生するのであえて負けます

伊達政宗1人で兵数100・兵科なしで中新田に進み決戦で負けてしまいましょう

この後講和をするのですが最上家から講和を打診してくることがあるのでちょっと様子を見た方がいいかもしれません

また最上義光はその場に居座るためあえてそのままにして米を0にする方法もあります

※1月アップデートにより自動的に講和されることになりました

弟よ!

大崎合戦が終了すると次は蘆名家が相手です

言行録のクリア条件が「蘆名家を滅ぼす」なので少しは時間をかけても大丈夫でしょう

しかし上杉家の動きには注意です

先に蘆名家に攻めかかることは十分あり得るので、その前に自分で滅ぼします

これ以上上杉家が伸長するのは好ましくないですからね

蘆名家を滅ぼすと伊達小次郎を「斬る」か「斬るふりをする」かの選択を迫られます

ここで「斬る」を選ぶと言行録達成となり、伊達政宗の全ての言行録がクリアとなります

その前にセーブをして「斬るふりをする」とどうなるかを見てみるのもいいと思います

今後について

約1年半で蘆名滅亡までたどり着けました

しかしこの頃には北条や上杉が勢力を拡大し始めています

これらに対抗するにはまだ力が足りないので、小峰家や相馬家など小さい所から潰していきましょう

葛西や岩城家は同盟が切れ次第攻め滅ぼしておきます

また西進するためにも後方の憂いをなくしておきたいので、最上や南部も準備ができ次第攻め滅ぼします

東北の支配圏を完全に握ってしまえば、上杉・北条とも互角以上に戦えるのでまずは東北統一を目指すといいでしょう

スポンサーリンク