【サガスカーレットグレイス 緋色の野望】おすすめの仲間のタイプと強化の仕方5~弓と体術と術

【サガスカーレットグレイス 緋色の野望】で弓と体術と術のおすすめの仲間のタイプと強化の仕方の考え方について解説します
杖と術はセットで考えています
かなり私見が混じっていることをあらかじめ断っておきます

弓のおすすめキャラ

本命はグリフィン
対抗はホンスワン、コリーン
それ以外ではエイディル、ヘイゲルも候補に入れてもいいかもしれません

弓はどう使いたいかで評価が分かれる武器だと思います
火力として使いたいなら技術力と威力アップのロールの取りやすさを考えるべきだし、影縫いでマヒをばらまきたいなら集中力の高さが必要です

個人的にはどうもマヒは状態異常の中では入る確率が低いように感じるので火力職として運用するのがいいように感じています
したがって技術力15(集中力は8)のグリフィンを本命としました
全主人公で仲間になり、条件があまり厳しくないのも大きな理由の1つです

ホンスワンは緋の欠片、コリーンはタリア(でシグフレイを選ぶ)とバルマンテを主人公に、エイディルは仲間になる条件が複雑、ヘイゲルは地上絵完成+LP1な点が評価を下げざるを得ないところ。
ただし集中力は4人とも12以上あるのがグリフィンと違う点です
(コリーンとエイディルは技術力が低いのが気になる)

弓のおすすめロール

入れておきたいのは突攻撃マスター自由行動

弓の役割の1つにリザーブ解除があります
そのためにも瞬速の矢を使えば味方の中で最速で行動できる必要があるので自由行動を入れています

  • 【突攻撃マスター】—突耐性アップ大・突威力アップ大{金のトロイメライ(小剣)エイミング(槍)瞬速の矢(弓)}
  • 【自由行動】—初期行動順アップ{失礼剣(長剣)足払い(槍)}

グリフィン・ヘイゲルならこれ以外にも軍神・突撃・果敢・気迫の中からどれか3つを。
弓は武器ガード率が0なので突撃の欠点も気になりません

ホンスワンは大剣適性があるので果敢もいけます
気迫を入れたのは影縫いの成功率を高めたいという人向けです

  • 【軍神】—斬打突の威力アップ大・狙われやすさアップ{スイングダウン(大剣)マルチウェイ(長剣)スウィング(槍)でたらめ矢(弓)サブミッション(体術)}
  • 【突撃】—斬打突の威力アップ大・ガード回避ダウン大{神速三段突き(長剣)スパイラルチャージ(槍)スマッシュ(斧)}
  • 【果敢】—斬打突の威力アップ{スイングダウン(大剣)でたらめ矢(弓)}
  • 【気迫】—集中力アップ大{脳削り(槍)でたらめ矢(弓)}

他にはコリーン・エイディルの低い技術力をカバーできる技自慢も候補に挙げておきます
2名とも体術適性があります

  • 【技自慢】—技術力アップ大{瞬速の矢(弓)空気投げ(体術)}

弓で主に使う技

正直なところあまり使える技はないので基本技の狙い撃ち中心になります
影縫いは「攻撃属性がない+間接攻撃扱い」なので突に対するインタラプトを解除するのに役立つことを覚えておくといいでしょう

せめてでたらめ矢の命中が9割くらいあればよかったのですが・・・
瞬速の矢も長剣の音速剣で代用可能なのが残念です

連撃後は中盤までなら熱属性持ちのフレイムアロー、終盤になると有翼系特効の落鳳破が使い勝手のいい技といえると思います

体術のおすすめキャラ

本命は特にいないです
あえていうならレオナルド

体術は総合力が問われるという点において槍と似通っています
しかしほとんどの技が打属性and単体攻撃のみということもあり汎用性は槍ほど高くありません

となると単純に威力アップ系のロールを盛りたいので、他のおすすめで薦めたキャラのうち杖と術以外の適性を持っていてかつ使っていないキャラを選びたいところです

したがって候補になるのはレオナルド・バルマンテ・ウルピナ・カーン・モンド・エリザベート・グリフィン・ヘイゲルの中から1人ないし2人選ぶ感じで。
空気投げでのスタンも狙うなら技術力と集中力が欲しいですね

それ以外のキャラとなると打攻撃マスター用に斧・棍棒・体術の3つだけでいいので適性を持っているキャラを選ぶのがいいでしょう

体術のおすすめロール

  • 【軍神】—斬打突の威力アップ大・狙われやすさアップ{スイングダウン(大剣)マルチウェイ(長剣)スウィング(槍)でたらめ矢(弓)サブミッション(体術)}
  • 【果敢】—斬打突の威力アップ{スイングダウン(大剣)でたらめ矢(弓)}
  • 【力押し】—斬打突の耐性アップ・斬打突の威力アップ小{パワーブレイクI(斧)地獄断面(斧)次元断(斧)}
  • 【打攻撃マスター】—打耐性アップ大・打威力アップ大{ハイパーハンマー(斧)大震撃(棍棒)サブミッション(体術)}
  • 【アタッカー】—攻撃力アップ{ヒートビート(棍棒)落鳳破(弓)ナイアガラバスター(体術)}
  • 【自由行動】—初期行動順アップ{失礼剣(長剣)足払い(槍)}
  • 【速攻】—初期行動順アップ大・全耐性ダウン小{音速剣I(長剣)デミルーン(長剣)ライジングノヴァ(長剣)}
  • 【先陣】—初期行動順アップ大・狙われやすさアップ{骨砕き(棍棒)稲妻キック(体術)}
  • 【突撃】—斬打突の威力アップ大・ガード回避ダウン大{神速三段突き(長剣)スパイラルチャージ(槍)スマッシュ(斧)}
  • 【フィニッシャー】—斬打突の威力アップ大・初期行動順ダウン大{マタドール(小剣)ハイパーハンマー(斧)}
  • 【気迫】—集中力アップ大{脳削り(槍)でたらめ矢(弓)}

突撃とフィニッシャーはマイナスの影響も大きいので任意で。
自由行動・速攻・先陣は空気投げを多用するならどれか1つを。
気迫はスタンの確率を少しでも上げたい人向けです

まずは打攻撃マスターを優先することをお勧めします

体術で主に使う技

サミング・空気投げ・サブミッション・稲妻キックあたりが使い勝手がよくて便利。
サブミッションと稲妻キックはなるべくランク3まで上げてBP1で使用したいところです
サミングで敵を怒らせてからジョルトカウンターでのコンボも使いやすいですよ

BP消費が多いため連撃後の使用が前提となりますが防御力無視+属性のないカムイは全技のなかでも屈指の性能を誇っています
他にはナイアガラバスターの水棲系特効も便利です

術のおすすめキャラ

タリアとエリセドの2強が本命です
ただしこの2人を同時に仲間にできるのはレオナルドだけなので、他の主人公でマジカルシャワー用に術士が2人欲しいというならば
ツバキ・アーサー・ミラーネ辺りを推します

ツバキはロール、アーサーは初期術の毒霧、ミラーネは仲間にしやすいのと、3人とも全主人公で仲間にできる利点があります
(アーサーはバルマンテクリアが必要です)

緋色の野望では無常の杖が追加されたおかげで初期術を会得しやすくなったのでどの術士でも良いっちゃいいのですが・・・

術のおすすめロール

術だけで覚えられる術技強化・術技専心・術強化を覚えていればOK

  • 【術技強化】—熱冷雷の威力アップ{召雷(木術)サイレン(金術)}
  • 【術技専心】—熱冷電の威力アップ大・熱冷電の耐性ダウン{フラッシュファイア(火術)毒霧(水術)}
  • 【術強化】—術力アップ{茨の呪縛(木術)ハードファイア(木術)超重力(土術)}

タリア・エリセド・ツバキ・アーサーがフラッシュファイアのスタン効果を有効利用したいなら速攻をとることをお勧めします

  • 【速攻】—初期行動順アップ大・全耐性ダウン小{音速剣I(長剣)デミルーン(長剣)ライジングノヴァ(長剣)}

タリア・アーサー・ツバキならシールダーやブレイカーもあり。

  • 【シールダー】—盾ガード率アップ大{マタドール(小剣)ブロック(棍棒)}
  • 【ブレイカー】—全威力アップ・狙われやすさダウン小{かめごうら割りI(棍棒)痛打I(杖)}

それ以外では術だけで覚えられる恩寵発生率アップ系のロールをつけておくのもいいでしょう

熱攻撃マスター・冷攻撃マスター・電攻撃マスターまで覚えるとなると大変なのでなくてもいいかなと思っています
ちなみにタリアは3種のマスターを、アーサーとツバキなら熱以外の2種のマスターの適性を持っています(エリセドは電攻撃マスター1種のみ)
育成好きの人は育ててみるのもいいかも。

  • 【熱攻撃マスター】—熱耐性アップ大・熱威力アップ大{ライジングノヴァI(長剣)フレイムアローI(弓)}
  • 【冷攻撃マスター】—冷耐性アップ大・冷威力アップ大{氷雪刻I(小剣)冷徹撃I(棍棒)}
  • 【電攻撃マスター】—電耐性アップ大・電威力アップ大{デミルーンI(長剣)ライトニングピアスI(小剣)}

主に使う術

毒霧・吹雪・召雷・フラッシュファイアと連撃後ならクリムゾンフレアが定番です
生命の雨があると強敵相手に長期戦ができるようになります

無印版と比べると術関係のロールの効果が落ち、加えて性能が落ちた水術ではありますが、それでも相対的に術のなかではまだまだ有用です
私は水>木>火の優先度でレベルを上げています

土術や金術はやはり使いづらいですね
超重力とサイレンがともに1ターンで詠唱完了するなら少しはまともになるのですが、デブリスフローと塔は本当に使う機会がありません
完全に恩寵発生率アップロール用といったところです

杖技を使う機会はまずないはずです
しかしドリームブレイクはBPに見合うだけの威力を発揮してくれます
連撃後でもう少しで敵を倒せるという時に使ってみるといいかもしれません


サガスカーレットグレイス 緋色の野望のトップページはこちら