【信長の野望 大志】シナリオ次郎法師直虎の竹中半兵衛の序盤の進め方

竹中半兵衛の志が魅力的なので大名としてプレイしてみたい、けどシナリオ「大志繚乱」は持っていないんですよね
(持ってないからそもそも大志繚乱で竹中半兵衛が選べるかどうかも知らないですが・・・)

まぁ次郎法師直虎のシナリオも今では別売りですが、発売日に買ったようなファンならば早期購入特典で持っているとは思うので、このシナリオで半兵衛でのプレイをしてみます

開始時の大名は斎藤龍興なので志は家名存続です

竹中半兵衛にバトンタッチしてから天賦王佐に切り替わります

天賦王佐(てんぶおうさ)

天賦王佐の志特性は今孔明深竜水徹です

今孔明

  • 十六人の城取り:攻城戦で包囲の威力が上がる
  • 千里眼:部隊の視界が広くなる
  • 文殊の知恵:決戦で家臣が提案しやすくなる
  • 名馬を望まず:軍馬の購入時の価格が上がる

千里眼が解放される条件は「決戦に3回以上勝利する」で、文殊の知恵が解放される条件は「決戦に10回以上勝利する」です

深竜水徹

  • 神の知識:方策実行に必要な施策力が減る
  • 軍談の席立つべからず:家臣の成長が早くなる
  • 悪魔の知恵:滅亡させた勢力の方策を獲得できる
  • 竜の眠り:決戦に敗北すると、民忠が大きく下がる

軍談の席立つべからずが解放される条件は「軍事の方策を3個以上実行する」で、悪魔の知恵が解放される条件は「軍事の方策を8個以上実行する」です

内政指針

農業と商業について竹中家の大まかな特徴とどんなことを優先するかを以下に書き記しました

農業

農業に関して濃尾平野は発展するに申し分のない土地です

農地の広さ・流民の数共に平均よりもずっと上なのでどんどん開墾していきましょう

調子に乗って開墾ばかりすると治水が下がりすぎる傾向はありませすが、方策でカバーが可能です

商業

進出できる商圏が1つしかないのでどこかと通商を結ばないとこれ以上商圏を広げる事ができません

織田家に宣戦すると織田と浅井が婚姻を組むし、後で織田家に攻め込むときに心証が下がってしまうので武田家と通商を結ぶのがおススメです

姉小路家は武田に滅ぼされる前に自分で滅ぼして商圏を確保するのがいいでしょう

序盤の進め方

以下のような流れで進めていきます

  1. 竹中半兵衛にバトンタッチ
  2. 長島城制圧
  3. 姉小路・井伊家滅亡
  4. 織田家滅亡

竹中半兵衛にバトンタッチ

斎藤龍興から竹中半兵衛にバトンタッチするには言行録を発生させる必要があります

言行録は

  • 知らぬ顔の半兵衛
  • 半兵衛の城盗り

とイベント名と同じものが発生するのですが、その発生条件は織田家に宣戦する事です

すぐにイベント知らぬ顔の半兵衛が起き、次の月にはイベント妹か、天下かによりお市が浅井に嫁ぎます

更に3か月後にイベント半兵衛の城盗りが起きるので

  1. 尾張人には譲らない
  2. そういうわけにはいきませぬ
  3. そう、そのまさかです!

と選択する事で竹中半兵衛にバトンタッチされます
ちなみに斎藤龍興は隠居となって城に残ります

ここからが竹中半兵衛のスタートになります

長島城奪還

長島城を奪えば同盟を組んでいる六角家の商圏へと進出できるようになるのでここは落としておく必要があります

それと同時に織田家が西進するのを防ぐのも狙いの1つです

稲葉山・大垣・郡上八幡から2部隊ずつ出せば決戦に勝利するのは簡単です

姉小路・井伊家滅亡

私だけかもしれませんがシリーズ作品では飛騨は収入的に魅力が低く、下手に侵攻すると上杉の脅威にさらされる恐れがあるので積極的に進行する事はなかったのですが、今作では城の数(=部隊の数)が絶対的な優位さとなるので弱い姉小路家は武田家に取られる前にさっさと取ってしまいます

更に武田と同盟しておけば飛騨を通って長篠城に攻める事も可能です
井伊直虎はなかなか優秀な武将なので手に入れておいて損はないでしょう
ただし徳川家の援軍も同時に相手する事になるのであえて無理をしなくても大丈夫です

また今回は姉小路家を攻めたときに上杉家が神保家に攻め込んだのでついでに福光城と神保家の武将をゲットしています
(高岡城まで取りたかったけど謙信の侵攻の方が早かった)

織田家滅亡

ここまでスピード重視でやっていれば織田家は商圏を伸ばすことができず、未だ農兵中心だと思います
織田家に優秀な武将が多いとはいえこの段階なら全戦力をもってすれば城をいくつか落とせるはずです

武田家と同盟を結ばなくても岩村城と連携できるようになりたいので、最初に烏峰城を目標として後は少しずつ削っていきましょう

足りない米は同盟中の六角家に交渉でもらうといいです
米1に対し金2が相場なので、これまでに余計な出費がなければ、合計で10000くらいの米は交換できると思います

今後の流れ

竹中半兵衛は志特性が大変優秀です

特に十六人の城取りと神の知識がやばいので勢力も成長させやすいです

しかし悲しい事に寿命が短いので基本的にスピード勝負となります

なるべく早く織田・徳川を滅亡させれば畿内に侵攻しつつ、武田・上杉といった強敵を抑える事も可能となるほど武将の質が充実するのでここを目指すのがいいでしょう

史実では半兵衛の没年は1579年となっています

シナリオ次郎法師直虎を持っていない場合に竹中半兵衛でプレイするには

もしシナリオ次郎法師直虎を持っていない場合は、隠居コマンドを使って半兵衛を大名にします

その際には女武将を登録武将で作成し、斎藤家の一門に設定してからシナリオ川中島の戦いで縁組-隠居の流れで行うといいです

実父を斎藤道三にしておけばいいでしょう

あるいは天下布武の織田信長で始めて半兵衛を大名に、というやり方もありますが、ちょっとスマートではないように感じます

いずれにしても竹中半兵衛はかなり進めやすい大名です

見るだけとはいえ言行録も用意されているので一度はプレイしてみるといい武将だと思います