【三國志14】184年2月黄巾の乱 シナリオ攻略

スポンサーリンク

三國志14のシナリオの184年2月黄巾の乱において序盤~中盤の進め方の一例を君主別に紹介します
※他の君主はプレイ後に追記予定です

184年2月黄巾の乱で選択できる君主

君主
兵糧
兵士
爵位
都市
現役
主義
難易度
孫堅5200
29000
14000
なし
1
11
王道
☆☆
董卓6900
40000
2000
州刺史
1
14
我道
☆☆
公孫瓚7200
38000
18000
なし
1
10
覇道
☆☆☆☆
馬騰4800
35000
16000
なし
1
5
割拠
☆☆☆☆
劉焉6600
42000
20000
州刺史
1
8
名利
☆☆☆
張角34900
582000
264000
天公将軍
6
27
我道
☆☆☆
何進66000
252000
115000
大将軍
4
49
王道
☆☆
丁原6200
33000
16000
州刺史
1
7
王道
☆☆
士燮4600
17000
8000
なし
1
6
割拠
☆☆☆☆

何進は初心者向きの君主

三國志14何進

このシナリオ事態が空白地が多いこともあって初心者向きだが、何進はその中でもさらに初心者向きの君主。

理由は主に3つ。

1.大将軍であるため采配武将の設定と包囲占領が最初からできる
2.武将数が多いため内政がしやすく、国力をさらに上げやすい
3.ほとんどの勢力と同盟済みで目下の敵は張角のみ

しかし、武将の質が低く、特に最序盤は戦闘向きの武将が少ないのがネックといえる

ゲームをスタートしたら何進でまずやっておくべきは第二軍団を解散させて武将を再配置させることと官職の再任命。

頼りになる武将を陳留と鄴に集めよう
攻められる心配もないので関所にいる武将たちも兵士毎移動させておく

武将の再配置が終わったら再度第二軍団を設定するのも1つの手。
その際は比較的安全な洛陽と長安を第二軍団にして物資を前線に送るための生産地として活用しておくといいだろう

官職は曹操・袁紹・皇甫嵩・盧植・朱儁以外は全解任でいい
のちに仲間になる曹操配下の武将や吸収した劉備三兄弟・呂布などを任官した方が捗る

また、武将の再配置と合わせて洛陽や長安の兵などの物資を前線に輸送しておく事も忘れずに。
士気も低いので訓練も怠らないこと。

ある程度準備が済んだらいよいよ張角と戦いを始めよう
最初に狙うのは許昌か濮陽がいいだろう

張角はとにかく南の空白地を目指してどんどん侵攻する傾向が強い
兵数は何進の2倍以上あるが分散されるためそれほど怖くはない

野戦用の曹操・袁紹その他と陣形の衝車持ちの皇甫嵩を軸にするのがおすすめ。
どちらかというと濮陽よりは許昌の方が攻めやすいはず。

一方で、南皮と平原の兵力は分散されづらいため、鄴は守りに徹しておきたいところ。
この地方の張角は劉焉を攻める可能性が高いが、これにどう対処するかはその時の情勢と劉備三兄弟を自分がどうしたいかによる

劉焉を見捨てた場合、張角に吸収されるときつくなる
うまくこちら側に来てくれるとありがたいのだが・・・

助ける場合はあらかじめ信都を抑えておきたい
張角軍が薊に向かったときに補給線を断ちやすいので、あとは劉焉だけでなんとかしてくれるはず。
高陽の地域懐柔と併せて補給線を断つのもいいだろう

ある程度南皮・平原の兵力が減ったら平原を攻め落とすチャンスになる

12か月ある同盟期間が過ぎた中盤以降までに平原・濮陽・許昌・小沛あたりを落としておくといい展開といえるだろう

そのあとはどんどん南方へと先細りする張角をいったん放っておいて、劉焉・丁原・孫堅・董卓を攻めよう
彼らの強力な配下武将を登用して、各地に転戦させていけば大勢は決する


三國志14のトップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました