【三國志14】209年3月曹家分裂~DLC

スポンサーリンク

三國志14のシナリオの209年3月曹家分裂において、おすすめの君主について紹介します

難易度は上級でのもので、おすすめ度は当サイト独自の評価です

曹家分裂のシナリオについて

このシナリオは赤壁の戦いで曹操が敗れて死亡し、曹操の息子4人がその跡目を狙って分裂した状態で始まる

息子同士の友好関係がそのままゲームに反映されているのが特徴。

また、劉備と孫権は赤壁の戦いに勝ったことで勢力を伸ばしており、特に孫権の躍進には目覚ましいものがある

このシナリオでプレイするならやはり曹操の4人の息子の誰か1人を選んで、もう1度生前の曹操と同じくらいの勢力を作れるかというのをテーマに遊んでみたい

曹丕は曹植→曹彰と倒していきたい

曹丕のおすすめ度

領土拡大:★★★
人材:★★★
収入:★★★
交易:★★★

総合評価★★★

史実上でも曹操の後継者である曹丕のもとには、曹操麾下だった一流の武将が揃っていて、質は劉備や孫権に引けを取らない

最初から知力100の賈詡がいるが政策の上兵伐謀のデメリットが気になるなら、司馬懿に曹丕所有の名品の典論と官職をつけたほうがやりやすいだろう

また、鄴・許昌・洛陽・長安といった主要な都市も支配下においており収入面でも優秀。
ペルシャ・ローマの2箇所と開始から交易することもできる

外交的には曹熊以外とは友好関係がよろしくないものの、その状況を覆せるほどのポテンシャルは持っているといっても差し支えないはず。

攻略に関しては最初はあまり武闘派のいない曹植から狙うといいだろう

統率と武力が両方とも80オーバーなのは張遼と楽進だけであり、両名とも孫権に備えて下邳にいるため、北の方の都市から攻めれば相対することは少ないと思われる

曹彰はそのあとでもいいだろう
収入が豊かであるのを利用し、異民族に金を払って攻めるという方法もある

曹熊とはある程度まではいい関係を続けておいてもいい
おそらく孫権に狙われるだろうが、陳留や攻め落としたあとの下邳から兵站を切るようにしていれば、小沛も寿春も適度に削れるので膠着させやすい

それを利用して別方面の敵を倒し、最後に改めて孫権を倒しに行く、なんて方法をとっても面白いだろう

曹植は曹彰と協力して曹丕にあたりたい

曹植のおすすめ度

領土拡大:★★☆
人材:★★☆
収入:★★☆
外交関係:★★☆

総合評価★★☆

曹植は北を曹彰、西を曹丕、南を孫権に囲まれていることもあって、立地的にはあまりよろしくない

幸いにして北の曹彰とは関係が友好であるため、親密まで上げて同盟を結んで曹丕にあたりたい

攻撃要請は使えないが曹彰の動きに呼応してうまく兵を削れれば鄴を落とせるチャンスはやってくる
府の取り合いを積極的に試みてみよう

対孫権に関しては広陵に進出して防衛した方がやりやすいはず。
海陵港の周りを鉄索と土塁で囲んでおけば、陸地に上がった部隊に対して自動占領で兵站を切りやすい
衆評の地の利の利点を最大限に生かそう

人材に関しては戦闘向きの武将が若干少ない印象。
そんな中でも張遼の存在が大きいので、彼を軸に戦線を構築したい

最初は防衛に注力し、兵を削ってから攻勢に出るようにすれば、多少の質の差は気にならなくなるだろう

曹丕の周囲がほぼ敵だらけという状況を最大限に利用することで勢力拡大のチャンスを掴みたい

曹彰は武闘派が揃っているが軍師がいないのが悩み

曹彰のおすすめ度

領土拡大:★★☆
人材:★★☆
収入:★★☆
外交関係:★★☆

総合評価★★☆

曹彰は自身の統率と武力が高いうえに配下も総じて戦闘が得意なタイプが多め。
戦いにはそれほど苦戦しないはずなのでまずは鄴を落としてより多くの収入を得ることができるようにしたい

曹植の所でも触れたが、曹彰と曹植は友好関係にあるため同盟を組みやすい
ついでに公孫康とも一時的に同盟を結んで鄴攻略に全力を傾ける手はずを整えよう

曹丕の軍は兵力の関係で壷関に来やすいので、関を使ってうまく撃破しておく

その間に同盟を結んでおき、手薄になった鄴を薊・北平・南皮の戦力を使って落としに行けばいい

そのあとは陳留・許昌と南下していけば曹丕はもう立て直せない

ただ、曹彰には頼れる軍師がいないのが悩み。
曹丕を追い詰める過程で賈詡をゲットできればだいぶ楽になるのだが・・・

軍師候補は他にも荀彧・司馬懿・荀攸がいる
司馬懿は曹丕と親愛武将の関係にあるためまず無理だろうが、荀彧と荀攸にはチャンスがあると思いたいところ。

曹丕を倒したら曹植・曹熊を滅ぼし、劉備や孫権との対決に入ろう

曹熊は同盟期間中に戦力アップできるかがカギ

曹熊のおすすめ度

領土拡大:★☆☆
人材:★☆☆
収入:★☆☆
外交関係:★★★

総合評価★☆☆

曹熊は曹操の4人の息子の中では能力も低く、勢力的にも収入の低い小沛の一都市しか統治していないため、滅亡の筆頭候補といえる

また、配下の質もあまりよくなく、于禁や満寵がエースクラスであることを考えると他と比べてやはり見劣りしてしまう

曹熊の利点は他の3人の兄弟と24カ月の同盟を結んでいる事。

この間にできるだけの戦力を整えておこう

とはいえ、収入の低い小沛で内政を行っているだけでは、差が縮まるどころか広がるばかり。

隣接していて唯一敵対している孫権の寿春にちょっかいを出して負傷兵を吸収するかたちで兵を増やすようにしたい

一騎討ちでは分が悪いので兵站切りと于禁の突撃や曹洪の罵声を使って士気0からの壊滅を狙おう

攻略手順としてはやはり、曹植→曹彰→曹丕の順で倒していくのがいいだろう

その間に戦う意志のない兄弟とは同盟を継続し続けておけばいい
PKになって同盟期間中に延長ができるようになったので、無印ほど厳しくなくなったのはありがたい

ただし、孫権はしつこくこちらを狙ってくるケースが多いので動向には常に注意を払っておくように。


三國志14&PKのトップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました