【信長の野望 大志】シナリオ厳島の戦いの毛利元就の序盤の進め方

2018-01-04

シナリオ厳島の戦いの毛利元就の進め方について書いていきます

中国地方の覇者といっていい毛利家はここからのし上がっていきます

毛利元就の志は軍事・教育・鉱山に関するものが揃っています

デメリットがいずれも戦闘でまずい結果が起こると発生するものなので常勝が求められる志です

百万一心(ひゃくまんいっしん)

百万一心は吉田郡山城の石垣工事がうまくいかなかった時に、少女を人柱として使おうとしたのを辞めさせ、代わりに「百万一心」と掘った石を埋めたという逸話をもとにしています

最初に起こる言行録でその逸話を再現しているあたりに、元就の国人衆に対する強い想いを表していると言えます

百万一心の志特性は三本の矢謀神です

三本の矢

  • 毛利両川:毛利家、吉川家、小早川家の一門の施策力が増える
  • いぶし銀:銀山のある商圏の成長速度が上がり金銭収入が増える
  • 五奉行制度:家臣の成長が早くなり新しい方策を提案しやすくなる
  • 国人衆の持ちたる国:決戦に敗北するか拠点を失うと戦意が大きく下がる

いぶし銀が解放される条件は「銀山のある商圏の生産を750以上にする」で、五奉行制度が解放される条件は「新方策が10個提案される」です

謀神

  • 厳島の守護者:水上の決戦で部隊の戦闘力が上がる
  • 情けは人のためならず:合戦中の敵勢力の民忠が下がり敵拠点が降伏しやすくなる
  • 謀神の矢:合戦中の敵勢力の武将の忠誠が下がり決戦時に忠誠の低い敵武将の士気が下がる
  • 天下を競望せず:潰走した部隊の復帰が遅くなる

情けは人のためならずが解放される条件は「軍事の方策を3個以上実行する」で、謀神の矢が解放される条件は「神社を5個所持する」です

内政指針

農業と商業について毛利家の大まかな特徴とどんなことを優先するかを以下に書き記しました

農業

初年度は加儀城の治水が高いのでここを中心に開墾をしておきます

それ以降は灌漑で治水が上がった順番に開墾していくといいです

どの城も農地は広めです

商業

序盤から12000もの金が必要になります

投資でじっくり増やしていくのでは時間がかかりすぎるので、どんどん進出して金を稼いでいきます

最初の言行録さえ終わらせてしまえば、少しずつ商圏を成長させながら大商圏にする方法に切り替えていきましょう

序盤の進め方

  1. 百万一心
  2. 厳島の戦い
  3. 防長経略
  4. 出雲攻略
  5. 隆元の死

言行録はこの順番で発生します

毛利家は吉川元春や小早川隆景など身内には能力の高い武将がいますが、全体的に武将の数自体が少なく、常に武将不足に悩まされることとなるでしょう

複数個所で戦端を開きたくはないので、同盟を有効に活用する事をおススメします

百万一心

ゲームをスタートすると言行録「百万一心」が始まります

  • 吉田郡山城の耐久をAにする

が条件なので、まずは金を得るべく周辺大名の商圏に積極的に進出していきましょう

河野・三村家辺りと通商を結んでおくといいです

ただ、それだけでは時間がかかりすぎるので米を売って手っ取り早く金を手に入れるのも1つの手です

米は出兵に必要な分をキープしておけばその年は何とかなるでしょう

ちなみに改修を行ってもすぐには完成せず、約5か月ほどかかります

厳島の戦い

1555年10月になるとイベント「命を一つに、心を一つに」が起こって言行録「厳島の戦い」が発生します

クリアのための条件が

  • 村上軍と共に宮尾で大内軍を破る

となっています

村上軍は最初から参陣してくれるのでそのまま宮尾まで進んでしまいます

ムービーが始まって戦いが開始されますが、敵はかなり弱化した状態となっているうえに部隊数でこちらが勝っているので兵数差は関係ありません

挟撃をうまく利用しながら戦いましょう

防長経略

厳島の戦いが終わるとすぐに言行録防長経略が始まります

クリアの条件が

  • 大内家を滅ぼす

となっているので、せっかく村上家が参軍しているのでこのまま行けるところまで行ってしまいましょう

城2つくらい落とせると御の字です
後は講和をしつつ少しずつ大内家を追い詰めていきます

大友家が大内家につくのでやや苦戦するかもしれません
立花道雪が援軍としてこないことを祈りましょう

大内家を滅亡させるとイベント三矢の教えが始まります

出雲攻略

出雲攻略のクリア条件は

  • 尼子家を滅ぼす

となっています

しかも5年の制限付きです
この頃には尼子家はかなりの大勢力になっていると思います

最初の決戦は山吹城から行くといいです
戦場の兵数制限が5800とかなり低いので自分次第で勝ちを収める事はできます

次は兵数制限4400の三刀屋城を落とせば大分尼子の兵数も消耗しているはずです

そのまま新山・月山富田城までいって講和するのが第一段階です

特殊商圏の出雲大社を独占してその金で足軽を雇えばあとは東進するだけで尼子家を滅ぼすことができます

隆元の死

言行録を発生させるなら「隆元の死」もついでに起こしておきます

これは尼子家を滅ぼすまでに毛利隆元を吉田郡山城以外の城に移動させてから、吉田郡山城に移動させると発生します

隆元を失うのはもったいないですが、言行録をコンプリートしたいならやるしかないものです

今後の流れ

中国地方を統一したら次は九州か四国か上洛かの選択となります

ですが尼子家を滅ぼした時点で武将不足は解消されたものの、2正面作戦をとるにはまだ優秀な武将は足りないかもしれません

恐らく大友家が勢力を伸ばしていると思うので、あまりでかくなり過ぎないうちに倒して優秀な武将を手に入れたいところです

当面の敵を1つにしぼるか、並行して複数の勢力と戦うかは武将の数と動員できる兵力を考えて判断しましょう


※言行録「九州侵攻」はこのシナリオでは秋月家がいないので発生しない(はず)です
「九州侵攻」を発生させるならシナリオ「天下布武」でプレイしましょう