家督相続 織田信長の序盤の進め方その1

2017-06-24

1551年のシナリオの家督相続で織田信長でプレイした時の序盤の大まかな進め方を紹介してみようと思います
難易度は超級です

スポンサーリンク

はじめに

このゲームの主役である織田信長を使うなら戦国伝が豊富に用意されている1551年の家督相続を選ぶのがいいと思います
戦国伝の通りに進めればこちらが有利に進めることができるしイベントが発生するのは楽しいからですが、だからと言って簡単というわけでもないです

と言っても要所要所のポイントさえ押さえておけばいいです
とりあえずゲームを始めるならうってつけの武将だと思います

資源について

資源はゲーム開始時にランダムで決められてしまいます
しかも撤去ができないので”ここに資源があると邪魔!!”といったケースも少なくありません

このシナリオの尾張は狭い箇所に城が多数あるため、資源が多いと内政をする上で本当に邪魔になります
資源が多いなと感じられるならゲームを”最初から”やりなおした方がいいこともあります

個人的にやりやすいなと感じるのがこのケースです

©コーエーテクモゲームス/信長の野望・創造 戦国立志伝

那古野城西が水田地帯として使えます
特化施設をうまく配置すれば清洲城の水田地帯としても使う事ができ、熱田衆を取り込んでしまえば鳴海城にも水田として利用できます

商人町や武家町も比較的配置しやすく末森城とも特化施設の連携がしやすいといえると思います

とは言っても最初から特化施設を作る余裕はないです
少しでいいので国力の底上げの為にまずは生産施設だけ作っておきます

©コーエーテクモゲームス/信長の野望・創造 戦国立志伝

家中統一

ゲームを開始すると最初に達成すべき戦国伝です
尾張の統一をなすまでのものではあるのですが、今後の事を考えて準備しておくポイントをまとめてみます

清洲城に攻め込む前に

正直なところ例え超級で始めてもゲーム開始直後から清洲城に攻め込んで尾張統一を成すことは可能です
しかし清洲城を攻め取ってしまうと尾張の本城が那古野城から清洲城に変わってしまいます

これのなにがまずいかというと那古野城の人口約3万が他の支城と同レベルの水準まで落ち込んでしまうのです
人口が減ると「進出」ができなくなり、内政に支障をきたしてしまいます

それを回避するためにも那古野城の進出が完了してから清洲城に攻め込むようにします

それと同時に末森織田家の信用を40まで上げておき、いざ清洲城に攻め込む際には援軍として活用します
どうせこのあとすぐ末森城も落とすことになるし、捨て石として利用しておきましょう

清洲織田家を滅ぼす

那古野城の進出に目途がついたら末森織田家に援軍を要請して犬山城を攻めてもらいます
清洲城から部隊がやってくることもあり、はっきりいって戦力になりませんが、おとりとして利用するので特に問題ないです

末森織田家が退却したころを見計らって必ず織田信長を大将にして清洲城に出陣です
犬山城とその援軍に行った部隊が清洲城に戻ってくるより先に清洲城に残っている部隊と接触できたら成功です

平城の場合、遅れて到着した部隊はマップの外側ギリギリの位置に配置されます
その遅れてきた部隊より先に本丸を落としてしまうと、残った兵は全て撃破扱いとなるので、損害を最小限にしつつ清洲織田家の兵力を壊滅させることが可能となります

ここでも解説しています

犬山城も楽に落とせるようになるのでぜひ狙ってみましょう

ちなみに清洲への移行イベントが起きると減った城の耐久も完全に回復します
1000しかありませんが・・・

末森織田家を滅ぼす

犬山城も落として清洲織田家を滅亡させる事に成功したら、返す刀で末森織田家を攻めます

末森織田家は防衛のために出陣することはまずないので、城の耐久以上の兵士さえ残っていれば那古野城に戻る必要はありません
包囲して攻め落としてしまいましょう

これで戦国伝「家中統一」は達成です

長島城を落とす

ちょっと史実からは外れますが、長島城もついでに落としてしまいましょう
末森織田家を滅ぼした織田信長部隊を那古野城に戻してしまうと、「桶狭間の戦い」が始まってしまいます
そしてそのすぐ後は「美濃攻略」です

後のイベントの墨俣築城や稲葉山城攻略のためにも大垣城を落としておきたいのですが、そのための前段階として長島城も落としておくのが理想だからです

長島城は落としても戦国伝「信長包囲網」が起きると強制的に本願寺家所属に戻ってしまうので、攻め取っても本格的な内政はしないようにしておきます
もう一度落とす時に大変になってもいけませんからね

織田信長隊と清洲城の部隊を使って攻め込めばすぐに落ちます

©コーエーテクモゲームス/信長の野望・創造 戦国立志伝

それと長島城を攻め落とした後のために前もって斎藤家との信用を40まであげておきましょう
長島城に北畠と長野が攻め込んでくる可能性があるので防衛に役立ってもらいます
ついでに斎藤家の兵数を削る意味も含まれているので、桶狭間後に少しだけゆとりができます

ここまで終えたら織田信長隊を帰城させます

後の為に

このあと桶狭間の戦いと美濃攻略が待っています

特に美濃攻略の際には斎藤家がほぼ全軍で犬山城に攻め込んでくるため、「鵜沼」に陣所を建設しておくことは絶対条件です
また、戦国伝達成の為に外交でお金を使ったり、出陣も頻繁に行う必要が出てきます

内政をきちんとやっていなかったので金や米が足りずに何もできない、といった事態にならないようにしておきましょう

スポンサーリンク