【デス・ストランディング】序盤攻略指南(序盤の攻略に苦労している人向け)

スポンサーリンク

デス・ストランディングは発売するまでどういうことをするゲームなのかの情報が少なかったし、どのジャンルに近い属性があるのかよくわからなかったこともあり、比較的難しめのゲームであると思う

それは敵が強いから難しいという類のものではなく、どう楽しんでプレイしたらいいか分かりづらいという難しさだと感じる

だからといって「よくわからないから、やーめた」というのは大変もったいない。

そこで、注目作品であるからプレイしてみたけど、「いまいちどうプレイしていいかわからない」という人向けに、私自身でわかる範囲の事を書いてみる

ちなみにこの記事を書いている段階ではまだクリアしていないので、見当違いの部分があるかもしれないことをあらかじめ記しておく(あとで修正の可能性有り)

落ちているアイテムは無視していい

デスストランディング序盤1

RPGを多くプレイしている自分もそうだが、落ちているアイテムや宝箱は全て拾っておきたいのではないだろうか

全ての宝箱をゲットするのがトロフィー解除の条件だったりするゲームがある中で、デス・ストランディングはそれが許されないゲームであることをまず頭に入れておかないといけない

フィールドにはいろんなアイテムが落ちているが、それらを全て拾っているとまともに移動できなくなるし、落ちているアイテムの数も多いので、どうしても取捨選択が必要になる

拾うなら最大積載量の半分までとなるようにしておこう
序盤なら60.0㎏までを基準にするといい

エピソード02でバイクが、エピソード03で最大積載量を増やせるパワースケルトンや車両を使えるようになるのでそれまでは我慢するように。

それでも拾っておきたいならポストを有効活用しておく

落ちているアイテムは無視していいとは言え、やっぱり落し物はなるべく届けたいし、素材も拾って橋や高速道路を建設したいというのであればポストを活用しよう

拠点と拠点の間で、かつ時雨やミュール出現範囲の外にポストを建設して、これまでに集めた落とし物や素材をプライベートボックスの中に詰め込んでおく

あとは依頼の途中で運べるぶんだけを選んで届ければいい

ポストを建設するならバイクや車で移動しやすい平坦な道を選んでおくのがいいだろう

落とし物の場合は落とし主も確認しておく事。

落とし主とは違う拠点に届ける事もできてしまうため最初は間違いやすいが、ちゃんと落とし主に届ければより多くの「いいね」をもらえる

どうせ届けるなら「いいね」の数は多くもらいたいので・・・

初めて行く場所には梯子やロープを携帯しよう

デスストランディング序盤2

サム指令依頼が初めて行く場所の場合はマップを確認し梯子やロープを準備してから向かおう
便利度でいえば梯子>ロープといった所。

できればルート上にある川の本数分の梯子が欲しい
しかし、梯子は5.0㎏とけっこう重いので配送物の重量も考慮に入れて用意する事。

幅の広い川だと梯子は意味をなさないし、他のプレイヤーが架けたオンライン梯子がかかっている事もあるため、実際に使う数が少ないこともしばしばあるが。

そんな時は到着先の配送端末からプライベートボックスに一時的に置いておけばいい
次の目的地に行く際に必要かも、と思ったら持ち出しておこう

高所に行くならロープが便利

山越えをするならロープがあると便利。

依頼No04の「K2西中継地点へスマート・ドラッグを配送せよ」なんかは、平坦な道を進もうとするとBTエリアを進まなければいけないが、まっすぐ進んで山越えをするならその心配はない

その代わり降りるときにロープがほぼ必須となる

他にもエピソード03でエルダーに配送する際も、行きはいいが帰りはロープがあった方が色々と捗る

出番が多いわけではないものの高い所に向かうなら用意しておこう

BTやミュールの対処法

デスストランディング序盤3

序盤ではBTを倒せないのでBT出現場所を回避できるなら多少遠回りや移動が難しい山越えで避けたいところ。

どうしてもBTエリアを抜けなければならない時は、

  • 屈む
  • 息を止める
  • その場で止まってBTの居場所を確かめる

が、基本の対処法となる

血液グレネードが手に入ってからは倒しながら進んだ方が無難。

使い終わった血液グレネードはその場で地面に捨てていっていい
新しい血液グレネードを装備したいけど装備欄に出てこない場合はRスティック押し込みで次のページへと移行する

BTエリアをバイクなどで移動したい時は、確実に捕まるのでルート上のBTを倒してから駆け抜けるようにすれば配送面でも安心できる

なお、時雨を止ませたいなら捕まって巨大BTを倒すという方法もある
あまりおすすめはしないが・・・

倒すとカイラル結晶を落とすので回収を忘れずに。
国道建設で大量に必要となる

ミュールは全員気絶させるといいことがある

ミュールは全員気絶させておきたい
しばらくの間自由に移動できるようになるし、エピソード03の途中からはミュール車両も利用できるようになる

また、ミュールポストの中にある素材もおいしい。
国道建設においてはポストの中の素材と車両はどちらも役に立つだろう

序盤は数が少ないので正面からの殴り合いでも大丈夫。

ボーラガンを手に入れたらこちらを利用しよう
けっこう離れた位置にいるミュールも拘束できるようになる
拘束したら蹴りを入れて気絶させておくのも忘れずに。

依頼の評価を上げる

デスストランディング序盤4

依頼をクリアすると達成状況に応じた「いいね」をもらうことができ、この「いいね」を多くもらって配達人グレードを上げる事がゲームの目的の1つでもある

この中で序盤ではブリッジリンクと速度の項目は上げづらいのではないだろうか

ブリッジリンクを上げる

ブリッジリンクは橋や国道を建設すると上がりやすい

多くのプレイヤーから「いいね」をもらいやすく、特に国道は利用する人が多いせいかあっという間に貯まる

エピソード02はともかく、03ならブリッジリンク60越えも到達しやすい

速度を上げる

速度を上げるには制限時間が設定されている依頼をクリアするのが前提条件。
そのうえでなるべく早く配送しないと上がってくれない項目である

そのためにもバイクや車両などが使えないときつい

また、ミュールエリアはともかく、BTエリアはルート上のBTだけでも排除しておかないと、捕まって巨大BTとバトル、ということになる可能性が高いので受注する前に対処しておこう

注意しておきたい点

最初はよくわからずあとになってから「あーそうだったのか」と思った点について個人的に注意しておきたい点を挙げておく

(他にも思い出したら追記するかも)

拠点名は把握しておく

拠点名は把握しておこう!

「何を当たり前の事を」と思うかもしれないが、エピソード02では

  • キャピタル・ノットシティ(K2)
  • K2西中継ステーション
  • K2西配送センター

と「K2」の単語がつくものが3つもある

特にやらかしたのがK2西中継ステーションとK2西配送センターを間違えるというもので、後述する落とし物の届け出との間違いとのダブルパンチで「いいね」を損してしまったことがあった

落とし物の届け出は慎重に

配送依頼の納品がある場合は落とし物もまとめて納品できるが、落とし物だけを渡す場合には注意が必要である。
というのも落し物は届け先が違っても納品できてしまうのが原因。

私はK2西中継ステーションとK2西配送センターの落とし物を持っていて、K2西中継ステーションに落とし物を届けた際に、K2西配送センターの落とし物も一緒に納品してしまったことがある

わざわざ準備したのにも関わらず、である

落とし物単独で納品する際は、他の場所に納品するものは必ず「託さない」を選んでアイテムを指定することを忘れずに。
ボタン連打しているとやってしまいがち。

もちろん、自分の意思で落とし主以外の場所に納品するなら問題ないのだが・・・


デスストランディングのトップページへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました