【創の軌跡】リィンルートチャプター1「雪解けの帰郷」のストーリー攻略

創の軌跡リーン編チャプター1サムネイル

創の軌跡のリィンルートチャプター1「雪解けの帰郷」のストーリー攻略ページです
攻略チャート・マップ・敵情報・宝箱の場所のほかにノート攻略や寄り道ポイントなどを解説しています

スポンサーリンク

チャプター1「雪解けの帰郷」

全体の流れ
  • STEP1
    温泉郷ユミルを散策しよう

    シュバルツァー男爵邸でのオープニングイベントが終わってから温泉郷ユミル内の以下のポイントを見て回ろう

    • 中央の足湯
    • 宿酒場《木霊亭》
    • 日用雑貨・土産物《千鳥》
    • ユミル南東の入口
    • ケーブルカー入口(ユミルの南)
    創の軌跡リーンチャプター1アルティナとミュゼ
    足湯に入るアルティナとミュゼ

    宿酒場《木霊亭》では料理のレシピ、日用雑貨・土産物《千鳥》ではカミラから釣り具と釣りエサとライオからはティアURと7属性セピス×150をもらえる
    ティアURはHP+2400の効果があるのでHPの少ないキャラにセットしておくといいだろう

    人物ノート
    • シュバルツァー男爵邸:リィン/クルト/アルティナ/ミュゼ/アッシュ/クレア少佐
    • 足湯:アルティナ①/ミュゼ①
    • 日用雑貨・土産物《千鳥》:ユウナ①

    イベントポイントを全てまわると温泉に入るイベントが発生する
    そのあとはユミル渓谷道へと進むことになるのだ

    創の軌跡リーンチャプター1温泉前
    クレア少佐の湯着姿が拝めるぞ
  • STEP2
    クレア少佐と共にユミル渓谷道を進もう

    ユミル渓谷道には宝箱が5つと釣りポイントがある
    ここへは2度と来れないので宝箱の取り忘れなどないようにしたい(マップ参照)

    創の軌跡リーンチャプター1ユミル渓谷道宝箱
    DEFが120も上がる

    ユミル渓谷道①の奥で強敵のサスカッチとのバトル前にヴァリアント・レイジが解禁される
    ロイドルートよりもリィンルートを先にプレイしていて初出であるなら概要を理解しておこう

    創の軌跡リーンチャプター1ヴァリアント・レイジ
    ヴァリアント・レイジ

    ユミル渓谷道②の奥に行くとクレア少佐→雷神マテウスとの2連戦がある
    クレア少佐とはユウナとアルティナ、雷神マテウス1回目とはリィンとクルト、2回目とはクレア少佐以外の全員で戦うことになるので手前の回復装置でしっかり準備をしておくこと。

    バトルガイド
    ボスのクレア少佐
    クレア少佐

    LV102 HP143236
    クレア少佐のHPを一定量減らすとバトルが終わる。弱点は地なので、アーツの方が得意なアルティナはニードルショットを使えるようにしておくといい。ユウナはフレアネスハートで自分を強化してからクラフト中心に攻撃しよう。クレア少佐がアーツを唱え始めたらクロスブレイクで駆動解除させてやると行動を遅らせることができる。高揚後はS-クラフトを使ってくるので回復中心に立ち回ろう

  • STEP3
    アイゼンガルド連峰を調査しよう
    バトルガイド
    ボスの雷神マテウス
    雷神マテウス

    LV103 HP154499
    火属性が弱点。1戦目は雷神マテウスのHPを一定量減らせばバトルが終わる。烈剣・迅雨によるDEF低下が地味に効いてくるので、フォースシールを装備しておくと回復の回数を減らせる。2戦目は6人で戦えるのでアーツが得意なミュゼやアルティナを使うならカグツチやファイアボルトをセットしておくとダメージの効率がよくておすすめ。あとは羅漢功を使ってパワーアップしてからの剛剣・伐雷を含め、BPを溜めて堅牢陣《玄武》をタイミング良く使えば50カウント以内の勝利も可能だ。

    雷神マテウスとのバトル後、アイゼンガルド連峰での異変を察知したリィン一行はその奥へと足を踏み入れる

    創の軌跡リーンチャプター1異変
    異変を感じるリーン
    人物ノート
    • 雷神マテウス戦後:雷神マテウス/クレア少佐①/アッシュ①/クルト①

    ここもユミル渓谷道同様に2度と訪れることができないので4つの宝箱の取り忘れがないようにしたい

    アイゼンガルド連峰②の奥では魔煌兵イスラ=ザミエルとのボス戦があり、そのあとは自動的に温泉郷ユミルに戻ってくる

    バトルガイド
    魔煌兵イスラ=ザミエル
    魔煌兵イスラ=ザミエル

    LV104 HP212388
    魔煌兵イスラ=ザミエルの弱点は地。アーツが得意なキャラはニードルショットを使えるようにしておこう。戦闘開始直後にオーダーのダウナーブルーで与ダメージが0.5倍に、クラフトのマイティリフレクトでクラフトとアーツを反射される状態になる。
    弱めのクラフトやアーツを使って反射状態をなくしてから本格的な攻撃を始めよう。アーツの轟雷は気絶効果があるので無効化するアクセサリを用意しておくと安全。アーツの駆動を解除しつつダメージを蓄積させるのが正攻法だが、比較的ブレイクさせやすいのでブレイク狙いの戦術をとるのもあり。

  • STEP4
    夜のユミルを見て回ろう

    ユミル温泉郷へ帰還して雷神マテウスとの長いイベントを見た後に夜のユミルを探索する(イベント後リィン達の湯着を入手)

    南のケーブルカー入口でクルトとのイベントを見たらシュバルツァー男爵邸にいるクレア少佐と話そう
    これでリィンルートチャプター1は終了となる
    なおリィンルートの進行がロックされた場合は、先にロイドルートを進めるように。
    ⇒ロイドルートチャプター1「再独立の日」のストーリー攻略

    創の軌跡リーンチャプター1進行ロック
    ロイドルートを先に進めよう
    人物ノート
    • ユミル温泉郷帰還後:オリヴェルト皇子/シェラザード/リィン①/雷神マテウス①
    • ケーブルカー入口:クルト②
    • シュバルツァー男爵邸イベント後:ユウナ②(登録が判明するのはチャプター2に入ってから)

チャプター1で訪れるエリアのマップとモンスター情報

【温泉郷ユミルとユミル渓谷道とアイゼンガルド連峰】

創の軌跡リィン編チャプター1温泉郷ユミルとユミル渓谷道とアイゼンガルド連峰マップ
ユミルとアイゼンガルド連峰マップ

【ユミル渓谷道のモンスター情報】

モンスターLVHP属性アイテム
雪飛び猫10010296地200 空160
火80
解凍カイロ 1~2
Uマテリアル
ミストフラワー10015344地200 火160
水80
フレッシュハーブ 1~2
Uマテリアル 1~2
ゴッカーン10118155地200 風160
火80
魔獣の肉1~2
Uマテリアル 1~3
ケイブカルゴ10128653風180 時140
水80
気付け薬 1~2
Uマテリアル 2~3
サスカッチ10277140地160 火120
水80
Uマテリアル 3~5
命の雫
クレア少佐102143236地180 時140
火80

【アイゼンガルド連峰のモンスター情報】

モンスターLVHP属性アイテム
雷神マテウス103154499火160 幻120
地80
雷神マテウス103154499火160 幻120
地80
ブレイブソウル
アイアンベイス10210701風200 火160
水80
弛緩ジェル 1~2
グレゴルスピナー10379031空160 水120
幻80
Uマテリアル 3~5
力の雫
魔煌兵イスラ=ザミエル104212388地160 空120
火80
ゼラムカプセル

寄り道ガイド:ユミル温泉郷

料理ノート
創の軌跡リーンチャプター1三色むすび

宿酒場《木霊亭》のジェラルドからは鮮やか三色むすびのレシピと食材3セットをもらえる
効果は単体にHP4500とEP200回復+全状態異常回復。
これ以降はリィンルートでも料理を作成することができるのだ

釣りノート
創の軌跡リーンチャプター1タランテリーダー

日用雑貨・土産物《千鳥》のカミラからはもらえる釣り具のほかに、釣り具のタランテリーダーも購入可能。
購入チャンスはユミル渓谷道出発前と夜のユミル探索中の2回あるので忘れないようにしたい
なお、釣り場はユミル渓谷道①にある(マップ参照のこと)

書物
創の軌跡リーンチャプター1暁闇の射手シュンラン

バージョン1.10より書籍の「暁闇の射手シュンラン」が追加され、暁闇の射手シュンランの③と④日用雑貨・土産物《千鳥》で購入できるようになった
書籍を全部集めるならここで買っておこう

買い物

このチャプターでは3体のボスと戦うことになるのだが、装備品の購入ができるのは温泉に入る前の日用雑貨・土産物《千鳥》くらいなのでしっかり準備しておきたい(回復装置では購入できない)

ボスの中では雷神マテウスの使う烈剣・迅雨によるDEF低下が割と痛いので能力低下無効のフォースシールを4人分買って、リィン・クルト・他2名に装備させておくと戦いやすくなる

それ以外では気絶無効のシトラスボトルがあると便利。
しかし気絶のターンは短めなのでないと困るというほどではない。

また、アーツが得意なキャラを使うつもりならニードルショットファイアボルトもおすすめ。
それぞれスクルドやカグツチで代用できるし、回復装置で作れるのでここで準備しなくても大丈夫ではあるが。
ボス戦のバトガイド欄も参考のこと。


創の軌跡のトップページへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました