公式サイトで3DS版の情報とBIG3の座談会の様子が公開

先週のPS4版の情報に引き続き、今週は3DS版の情報が公式サイトで公開されました
それと堀井さん、すぎやまさん、鳥山先生による座談会の様子もあわせて公開されています

スポンサーリンク

ニンテンドー3DS版の特徴

先日ニンテンドーダイレクトにて3DS版の詳細を発表した動画がアップロードされました
それに付随する形で公式サイトで情報が公開されています

公式サイトはこちらです

冒険序盤は上が3D下がドット絵

3DS版では3Dモードと2Dモード2つのモードで遊べることは発表済みです
そして冒険序盤では画面上が3Dモードで、画面下が2Dモードに対応していて、アナログスティックで操作するとセリフ等が上の画面に、十字キーで操作すると下画面にそれぞれ表示されます

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

後々教会でどちらのモードで遊ぶか切り替える事ができるので、自分の好きなモードでプレイする際の参考にしておきましょう

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

バトルシステム

3Dモードだとバトルアクションや状態異常で眠らせたときなどでもアニメーションによる演出が入ります
敵に挟み撃ちにあう演出なんかもあります
フィールド上でもドラゴンの近くを通ると炎を吐いて襲ってきたりと演出のバリエーションは多そうです

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

2Dモードは昔ながらのランダムエンカウントによりバトルが始まります
また、モンスターが派手に動くことはないにしろ特技や呪文のエフェクトはしっかりとあります
シンプルながらもテンポの良さが特徴です

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

旅のおもいで

冒険を進めると使えるようになる機能でこれまでに見た重要なイベントシーンを振り返ってみる事ができます

プレイ時は3Dモードで、旅のおもいでを使って2Dモードでもう一度見る、なんてことも可能です

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

時渡りの迷宮

3DS版には「ヨッチ族」という一族が住む村があり、ヨッチ族だけが入れる「時渡りの迷宮」で冒険ができます

最大8体でパーティーを組んでダンジョンを進み、出てくる敵を通常攻撃や呪文を使って倒しながら奥へと進んでいきます

そして各ダンジョンの奥にいるボスを倒すと手に入る「冒険の書の合言葉」を祭壇の間にある冒険の書の前で使うと、どこかで見覚えのある世界へと飛ばされます

そこではヨッチ族の使命を果たすべく様々な冒険が待ち構えています

©Nintendo/ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21 プレゼンテーション映像

BIG3の座談会

日本各地で行われている「カウントダウンカーニバル」にて無料で配られている「THE FIRST BOOK of DRAGON QUEST XI」という冊子の中に堀井さん、すぎやまさん、鳥山先生による3人での対談の様子が収録されています

少年ジャンプ+のサイトで公開もされているのですが公式サイトでも公開されました

少年ジャンプ+の方はPCでもスマホでも読みずらいので、こちらの公式サイトの方が読みやすくていいと思います

まだ目を通していない方は公式サイトにある「BIG3の座談会」をどうぞ


※お断り
この記事で使用している画像はニンテンドーダイレクトで公開されたものです
あくまでも参考画像としてご覧になって頂きますようお願いします

スポンサーリンク