ドラクエ11のPS4版の情報が更新

2017-07-10

公式サイトでPS4版の特徴について情報が更新されています
PS4版独自のお楽しみ要素などが追加されていました

公式サイトの各ハードの特徴ページはこちらです

スポンサーリンク

グラフィックの強化

PS4の性能を生かしてグラフィックの強化を図っている事が強調されています

これはPS4で発売すると発表された時から分かっていた事なので、特に驚くような事ではないものの、オンラインのドラクエ10を除けば据え置き機でのドラクエの発売は8以来となります
9はDSでの発売でしたし、グラフィックという点においてはやはり見て欲しいんだろうなぁという感じはします

そのせいか表情や動作といったものからダンジョンや街の画像などが多めに紹介されています

また、群れを作って寝ていたり、意味不明な祈りを捧げていたりとモンスターの生態の様子を表現する事で、ただフィールドに存在してるのではなく、生息しているんだというものをプレイヤーに意識してもらうような狙いがあるのでしょう

バトルの際のカメラ周りもフリー移動バトルオートカメラバトルの2種類が用意されています

フリー移動バトルは文字通りバトル中に自由に移動ができるものです
自由に移動できることによって何か有利な状況が作り出せるというならなおよかったと思うのですが、ただ移動できるというだけのようですね

オートカメラバトルは行動ごとにキャラにカメラが向くタイプです

いずれにしてもこのバトルタイプの違いがバトルの結果に違いをもたらすものではないらしい?です
ちょっと残念ですね

ボウガンアドベンチャー

PS4版ならではの遊びに「ボウガンアドベンチャー」というのが追加されます

11で初めて聞くアトラクションですね

世界各地にあるマトを見つけ出し、それをボウガンで壊すというものです
世界をすみずみまで探索する理由がまた1つ増えました

マジックスロット

先日の『ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル』 名古屋会場スペシャルステージにてマジックスロットについて言及がありました
もしかしたらPS4版限定かと思っていましたが、やはりPS4版限定だったようです

このマジックスロットは通常のスロットとは違い、目押しができるのが特徴です
リールはボタンを押すまで回り続けていて、スロットの最中は上にいるスライムが冒険しながら出てくるモンスターを倒していくなど、色々とイベントが用意されています

ボタンを押さないとリールが止まらないので面倒に思うかもしれませんが、オートプレイも用意されています
名古屋会場ではこのオートプレイ中に”スーパーボーナス”が出て盛り上がっていました

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved./『ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル』 名古屋会場スペシャルステージ

このマジックスロットは見ているだけでも面白かったので大変興味のあるアトラクションだと思います

スポンサーリンク