11での乗り物の紹介と過去作の乗り物の意義を検証してみました

2017-12-07

ドラクエシリーズに乗り物が登場したのは2の船が最初でした

以後シリーズを重ねるごとに少しずつ乗り物の種類は増えています

今回は11で現在判明している乗り物と過去作の乗り物を紹介します

今のところ11で判明している乗り物は船、馬、飛竜です

船は世界地図に描写されていますし、「ドラゴンクエストXI JF2017スペシャルステージ」でも船についての言及があります

世界地図にある船についてはこちらをどうぞ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved./ドラゴンクエストXI JF2017スペシャルステージ

こちらは馬に乗った主人公がモンスターのシンボルを跳ね飛ばして移動している瞬間です

ちょっとわかりずらいですが、画像中央やや左に跳ね飛ばされたモンスターを確認する事ができます

名前はやっぱりパトリシアでしょうか?

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved./ドラゴンクエストXI JF2017スペシャルステージ

こちらは飛竜にのっている様子です

この画像を見る限り、翼と体表の青さを抜かすとなんか牛みたいwに見えます

なんか角も闘牛っぽいし

過去作の乗り物はなんだっけ

では過去作品の乗り物には何があったか思い返してみましょう

陸地を移動するもの

馬車:馬車が最初に出てきたのは4です 最終的には戦力にならないトルネコやブライの指定席になってました

キラーパンサー:8のみに出てます 8の世界はかなり広いので高速で移動できるキラーパンサーには大変お世話になりました

ドルボード:10で初登場 古代の技術の結晶といえるもので地面をふわふわ浮きながら高速で移動できます
バージョン3.5からは一定の短時間、直線移動のみ更にスピードアップできるようになってます

海を移動するもの

:2~9まで登場 10でも船はありますが、自由に移動できるものではないです
特に2や3では移動できる範囲が広がったことを実感できるので、(当時は)ドラクエ世界の壮大さを表現する目的もあったのではと考えています

ひょうたん島:6のみに登場 海上を移動できるものに船以外で考えられるのは多分これだったのでしょう
堀井さんの世代を考えるとうなづけます

空を移動するもの

ラーミア:3で登場 8にも似たようなのがありましたが、正確にはラーミアではないらしいので割愛

気球:4で登場 でも気球って基本的に風任せでの移動になるので、西へ東へといった移動はできないらしいです
4だけの登場なのはこれが原因かも?

マスタードラゴン:5で登場 物語終盤で乗れるようになります
神にも等しい存在を使役できるのは、主人公がモンスターと心を通わせる事ができるからなのでしょうか?

天空城:5で登場 城が飛びます
入手方法が動力源となるゴールドオーブを子供時代の主人公からだまし取るという、ちょっと毒の効いた展開となります
最もそのおかげでゲマを欺くことにも成功したのですが

魔法のじゅうたん:5~7で登場 ストーリーの進行過程で最初に手に入るエンカウントしない移動手段です
山や森は通れませんが使い勝手のいい移動手段でした

空飛ぶベッド:6で登場 上の世界のみでしか使用できませんが、魔法のじゅうたんと同じ使用感です

天馬:6で登場 空を飛べるだけでなく時空も飛び越える事ができるとんでもない生物です

飛竜:10で登場 移動できるといってもバージョン2の世界しか移動できないし、任意の場所で降りるのが難しい乗り物でストーリー以外で利用したことがほとんどありません

ドラクエでの乗り物の意味

他にも移動手段はあった気がしますが、いつか別の機会があったらまとめます

5や6の乗り物が多いですね

こうして見てみると4までは世界の広さを、6までは乗り物が多くあること自体にドラクエのゲームへの訴求効果を求めているように感じます

4まではFCでしたので、カセットに詰め込めるデータ容量はかなり限られていました

ですので広いとか大きいというのは技術的な高さを宣伝できるので、それだけで売り文句にもなる時代でした

5や6は広いとか大きいだけではなく、乗れる種類を多くする事がゲームの豪華さをアピールするポイントとなっていて、バブルの余韻が残っている時代に開発されたことが背景にあるのかな?とか考えてしまいます

それ以降、特に8以降は単純に高速で移動できる手段として乗り物が用意されているように感じます

ゲームデータの容量をあまり気にせずに製作できるようになったからこそ、(体感上では)逆に世界を狭くする必要が出てきたといったところでしょうか

10なんかドルボード導入前は移動だけで10分以上かかるとかありましたからね

11がどうなるかまだわかりませんが、陸・海・空を移動できるものが出てくるのは確実です

乗り物に関して新しい定義をひねり出してくる可能性もあるので、今から楽しみですね