ただいまサイト改装中です 古い記事でレイアウトが崩れているものがあります 今しばらくお待ちください

【ドラクエ10】これだけは覚えておきたい防衛軍の基本

スポンサーリンク

ちょろっと防衛軍をかじってみた程度で未だ討伐してはいないのですが、それでもわかったことがあったので防衛軍の事について少し書いてみようと思います

はじめに

ここで書くのは防衛の事であって討伐ではないです

とは言っても討伐を目指すならやはり覚えておかなければならない基本の知識というのはあります

決して多くを求めているわけではないので、もし知らなかったというのであればこの機会に覚えてしまいましょう

また、これはソロで参加したときのものであることも併記しておきます
(討伐を目指すならあらかじめ同盟パーティーを組んで挑戦した方がいいと思います)

装備について

必須装備というものはありませんが機神の眼甲(海魔の眼甲でもいい)はあった方がいいです

大量の敵が出てくるのでテンションが上がる機会に期待できます

武器や防具はできれば最新のものがいいのですが、特別にこだわらなくても大丈夫です

ですが個人的には防具はともかく武器はあまりにも低レベル装備だと参加しているメンバーに対しても失礼だと思っています

覚えるべきポイント

ここからが本題です

覚えておきたい事は2つあります

1つは魔鐘はすぐに撃破する事と、結界前では結界と大ボスの間に入らない事です

魔鐘について

魔鐘は敵をどんどん召喚します

敵が増えると味方が受けるダメージが増えるばかりでなく結界も持ちこたえられなくなる可能性が高いので出現したらすぐに撃破する事を心がけましょう

また、魔鐘が出てくるときはメッセージが出ることもあります

目の前の敵に集中し過ぎていると見逃すこともあるとは思いますが、魔鐘がどこかに出現したのではないかと意識するだけでも全然違います

誰かがやるだろうと考えていると防衛失敗に結び付きやすくなると思って行動するといいと思います

結界と大ボスの間に入らない

大ボスが動き出し結界の近くまでくると結界も攻撃のターゲットとなります

この時に自分が結界と大ボスの間に入ってしまうとどれが攻撃のターゲットとなるのか判断が難しくなります

またこの状況の時に範囲攻撃を使われると自分と結界の両方がダメージを受けてしまいます

自分が横や後ろにいればターゲットになった時にこちらを向くので、その場から離れれば大ボスを結界の前から引き離すことも出来ます

この画像は誰かが大ボスを連れて移動してくれたためにテント近くまで引き離すことに成功しているものです

結界のHPを見てもらうとわかるようにギリギリの状態なので、途中で「あぁ今回も失敗かぁ」と思いながらやっていましたが、このファインプレーをしてくれた人のおかげでなんとか防衛に成功しています

コインボスや強めのボス相手なら守るべき対象との間に入るのは重要ですが、防衛軍では得策とはいえません

意識しておかないとついいつものくせでやってしまいがちな事なので注意しましょう

大ボスに攻撃は必要?不必要?

結界と大ボスの間に入らないようにするならそもそも大ボスに攻撃しなければいいんじゃ?と思うかもしれませんが、大ボスにも攻撃は必要です

なぜかというと一定以上のダメージを与えると大ボスは長時間ダウンするので、それが結界への攻撃の機会を減らすことに繋がるからです

ただ結界の前まで来たなら大ボスを引き離すことを考えた方が更なる結界への攻撃の機会を減らすことに繋がるので、より防衛しやすくなるといえるという事です

最後に

私としては討伐は考えておらず、防衛できればいいやと思いながら参加しているので、他の人の装備やスキルについてどうこう言うつもりは全くないです(そもそも自分の装備も貧弱なので・・・)

ただ、このコンテンツはそういった事よりも意識付けを変えることで防衛だけならできるものだというのがわかったので、自分が参加する時はこうしてますよ、というポイントとして書いてみました

周りを見るのは苦手だという人は回復やサポート職で挑んでみるのがいいと思います

誰を回復して誰を強化するのか、という事を判断しながらのプレイになるので自然と周りを見ようという意識が芽生えます

回復職は責任が重いというのであれば、魔戦やどうぐがいいでしょう

1人くらいバイキルトをかけ忘れても気づいた時にかければいっか、ぐらいの気持ちでやれますので。
(補助してもらえなかった人は何やってんだよ、と思っているかもしれませんが・・・)

最後もう1度言いますが、結論としては魔鐘はすぐ撃破して、大ボスは結界から引き離しやすくするために横や後ろから攻撃しましょうというものです

この2つを意識するだけで結果は全然違ってきますよ!

タイトルとURLをコピーしました